上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先天性心臓病を3つ併せ持つ乳児の手術が成功のニュースが以前あった
執刀医の記事が新聞に出た

この人 先天性心臓病手術に成功 坂本喜三郎さん
http://www.47news.jp/medical/2012/03/post_20120306160839.php

この先生は立派だと思う、行いに口を挟む気はない
ただ、記事の書き方、取り上げ方が引っ掛かる
世界初だから取り上げたそうだが、
文献がない中治療が行われ成功することは他にもあるのでは?
そのものではない、参考になる文献があったのでは?
そもそも心奇形は一人ひとり異なるから、どこから世界初なの?
(そういった現状を記者がご存知ないとしたら教えなくては)

病院で記者会見があったから新聞社の知るところとなった様子
なぜ発表されたの?
(病院側の主導だろう、意図は?)
実名を出したご両親の胸中はどうなのだろう?

救った側の言葉、それを讃える言葉しか聞こえてこない
その部分ばかり見られて素晴らしいと思われることが怖い
この先、辛苦を負うのは家族と、何よりも本人
重荷を軽くする手段も、わかちあえる人も、まだまだ少ないから

高齢者になったらどうなるんだろう、私
先天性心臓病のじいさんばあさんをめざす会を作りたくなる
スポンサーサイト
2012.03.08 Thu l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://withus.blog6.fc2.com/tb.php/922-60bc04aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。