上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

今日は、昔に思いを馳せる日。

戦後60年といい、式典では先の戦争としか言われないけれど、そんなだから、若い人たちに伝わらないのではと思う。

私は、親が戦争を経験していたし、話題になることもいくらかはあったから、つながっていると思うけれど、家で話がでなければ、きっとそうは思えなかったろうな。

終戦の頃の小学校低学年。空襲があったりで、学校がまともにやっていなかった、教室が空襲で焼け、戦後も間借りで近隣の学校を渡り歩いたという人。

思春期前後、満州にいて、終戦で状況が一変、運良く離れ離れになった家族が再会できたけれど、それまでの年月、大変な思いをしたであろう、そしてその話を自分からすることはなかった人。

そういった中でも生きていたことに、そして今の私が生まれたことに、しんとする思いがする。


一方で、今の戦争は、あの頃とは違うものという思いがあって。

もう、飛行機が爆弾を落す怖さではなくて。

だから、より一層、いろいろなことを見聞きしていかないといけないと思う。

スポンサーサイト
2005.08.15 Mon l ・旧日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://withus.blog6.fc2.com/tb.php/70-5d18e5ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。