上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今朝、フェリシモの新聞チラシがあって、こぎんキットが出ていた。

フェリシモで こぎんにはまる人が増えてきたみたいで気になってたら。
おお、最初に出たシリーズが復活だ☆
前に見たときは、別のシリーズでぱっとしなかったから、必要ないと思ったけれど、これは頼んでみよう。

図柄はこぎんのつくりと違うのに、伝統的な技法、とあって、う~んそれは間違ってる…と思いながら。

明治頃の着物をそこそこの数みて、こぎんのお試し講座も行ったので、一家言ありなのです。

これが現代の定番というなら(こぎん刺繍と名乗ってほしいが)、それはありだし、確かめてみたい。

…とはいえ、作る時間をどうひねり出せばいいのやら(^_^;)
ポーチやペンケースが製作時間十時間以上…。

そういえば、ネットにこぎんの着物が売りに出ていて、百万以上するものが60万ちょっとだと。画像は見ていないけど、手間で価値を決めれば安いと思った。

だから、こぎんって、お金に換算できるようなものではない気がする。
大事に使ってもらえたら、モノとして幸せ。そんな価値観じゃないかなあ…。
スポンサーサイト
2007.03.27 Tue l ・こぎん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://withus.blog6.fc2.com/tb.php/4-b30ab362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。