上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

朝、新聞を見ていてドッキリ。

虐待された子どもを受け止め続けていた人に、ある時その子は言ったそうだ。「なぜ優しくするの?私ヘンなのに。」

そう、そうなんだよ。

実は、私もそう言いたい瞬間があった。もちろん、虐待ではないけれど、見えない傷があって、屈折した行動をとっていたので。相手が気付いていたかどうかは別として、私はそれに気付いていても、どうすることもできなかった。

傷ついた心を持っていては、当たり前に人を信じることも、当たり前に人とふれあうことも難しい。それを知っているのは、かなしいことではあるけれど、決して不幸なことではないはず。私は、自分に必要なものをみつける知恵があり、求める勇気もあると思うから。

スポンサーサイト
2005.06.18 Sat l ・旧日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://withus.blog6.fc2.com/tb.php/37-d6ac173f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。