上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

思いついて、点訳を検索してみた。

一度しっかり習いたいと思いながら、未だに機会がなくて。

テキストを片手に個人的に点訳したことはあるけれど、

きちんと読めたのかなあ、間違っていてもわからない。

でも、やはり私はなかなか関われそうにはないみたい。


書かれた文字を点字にするのは、翻訳と思うのだけど、

必要性も高いはずだけれど、仕事にはなりにくい。

仕事として成り立つしくみは作れないのかな。

朗読も、要約筆記も、手話も同じ、翻訳・通訳。

通訳は、いくら性能のいい機械ができても、人が勝る。

だから、身につけておきたいものだけれど。


障害のある方と健常といわれる人の社会との間に

通訳が要るなら、専門家と一般人との通訳もあっていい。

日本語は使っても、文化の違いが大きいのだから。

専門家とのやりとりに、ものの捉え方の違いを肌で感じ、

相手に伝わるように言葉を選ぼうとして苦戦中。

返したくてもすぐ返せなくて、通訳がほしくなる。

ああ、もどかしい。

こんな時の私は異邦人。

スポンサーサイト
2007.01.31 Wed l ・旧日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://withus.blog6.fc2.com/tb.php/233-8dbd9e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。