上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

患者会の全国集会で高知へ行った。

疲れたのと、力づけられたのと。

役目を大汗かいてこなして、放電。

たくさんの仲間の姿と話に、充電。

それを同時にやった感じ。

ある意味リフレッシュ?


オプションで一泊追加して、

以前から行きたかった、牧野植物園へ。

入口横のミュージアムショップでは、

花の画、木のコースターにストラップ、

草木染めの布製品、お茶などなど。

見ているだけで時間が経っていく。

レストランでは野菜カレーを頼んで、

たっぷり野菜入り、野菜好きは大満足。

暑い中で、外はあまり歩かなかったけれど、

展示室やレストランの建物がすてきな木造、

外にはウッドデッキ、座れる場所も多い。

朝顔やタチアオイ、睡蓮の花を見て、

ツクツクホーシが鳴き競うのを聞き、

緑の中を渡ってくる風を感じながら、

くつろいだ時間を過ごしてきた。

高台の上で、景色が抜群のスポットもあって。

外歩きにいい季節に再訪したい。


そうそう、

牧野植物図鑑の原画の展示や図書室は、

残念ながら休みだったけれど、

知らずに図書室の方へ降りたら、

彩色された植物図録の複製とともに、

解体新書の複製が手に取れるように置いてあり、

思わず一通り見てしまった。ちょっとグロテスク。

精密さを求めれば、こんなグロくはならないはず

不思議な描き方だなあと感じた。

植物学の元は、薬の探求、

だから、解体新書なんだろうけれど、

本当に思いがけない所で貴重なものに出会った。


行きに乗ったのは、偶然にもアンパンマン列車。

外だけでなく、シートの背にかける布や

天井にもアンパンマンのキャラクターたち。

車窓の瀬戸大橋、大歩危小歩危も満喫した。

帰りには、ごめんなはり線のごめんえきお君と、

列車の横に並んだ各駅のキャラクターを発見し、

微妙に鉄ちゃんの私は多いに満足したのだった。


先のことを考えさせられ、今も大切と思い、

いろいろな意味で、得るものの多い旅だった。

少し休養したら、今年の大事なお仕事再開。

スポンサーサイト
2006.09.05 Tue l ・旧日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://withus.blog6.fc2.com/tb.php/200-cb2af739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。