上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

暴言を返した議員の非は明らか。

でも、それと別に、何か、どこか、ひっかかるものがあった。

それが何か、ようやくわかってきた。


きっかけとなった傍聴者のことばは確か「障害者を殺す気か!」

「障害者を」だったんだよ。

「私を」でも「人を」でもなく。

なぜ、「障害者」なのか?

障害者も、それ以前に、普通の人。

だから、自分の意思での生活を、外出が自由にできる暮らしを、働いて身を立てる生き方を、求めているのではないか。

自分から枠組に入ってしまったら、その時点で区別、ひいては差別されやすいのではないか。

もし…たら、は言えないのだけれど、「私を」だったら、どうだったろうか。


障害者自立支援法が気になるのは、私が障害者という立場なのは大きい。けれど。

自分が将来暮らしていかれなくなりそう。友人、知人が生きていかれなくなりそう。

自分が、大事な人が、知っている人が、困るのを放ってはおけない。

共感をつなげられたら、強い気がして。

スポンサーサイト
2005.11.15 Tue l ・旧日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://withus.blog6.fc2.com/tb.php/132-c15ea370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。