上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

病人のお勤めを済ませる。

帰りに、乗り換えの駅ビルの文具売り場で、手帳をあれこれ見る。ここのところ、二十四節気の入った花柄スケジュール帖だったけれど、どうしようかなあ。二十四節気にこだわると、案外選択肢が少ない。今日はまだ未定。

日記帳もほしくて、ノートや製本した日記をみた。きちんとした日記帳を使ったことなんて僅かしかなくて、いつも普通のノートだけれど、日付欄に迫られるのも必要かも、とこの頃思うようになって。

10年日記、重みがある。うーん、大いなるさぼり記録になりそう…。5年、3年、うん、そのくらいならなんとかなるかな。でも、これだけ頑丈な製本だと、軽々しく扱えそうにない。ていうか、やわな腕で毎日動かすには重い。

隣りの本屋にも手帳や日記帳が並んでいる。3年手帳が手ごろかも。といいながら、買ったのは、E・キューブラー・ロスと、宮本輝の文庫本。

スポンサーサイト
2005.11.09 Wed l ・旧日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://withus.blog6.fc2.com/tb.php/127-f450022a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。