上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

船橋の大通りに昔からある喫茶店に、来月閉店の貼り紙。
私はスタバ系のカフェよりも、昭和の喫茶店好きだから、
昭和の灯りが消えていくのは、とても残念。
喫茶店のスパゲッティなんて、もう食べられないかしら。

チェーン店があふれ、高いビルやマンションがそびえて、
どの駅前も、どこへ出かけても、同じように見えしまう。
その中でも、がんばっているのは時計店やタバコ屋さん。
荒物屋さんも。
アルミ鍋や漬物容器が各サイズ、買い物籠、ほうきなど
昔からの日用雑貨がところ狭しとつまっている。
買い物カートが店先にぶら下がっている光景に、
知り合いのおばあさんが今日も無事だ、みたいな安心感。

刺しゅう展を見に行ったギャラリーは、国道のそば。
ほんの一皮なのに車の気配のない、昔ながらの風情。
夕暮れ後の時間、広いガラスいっぱい灯りが見えてきて、
部屋に招かれているように感じられた。
そばには寺が並んでいたり、風呂屋があったり。
家に帰り、もうすぐ夕食、のイメージが浮かぶ。
穏やかな時間が流れる場所がうれしい。
スポンサーサイト
2016.10.31 Mon l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://withus.blog6.fc2.com/tb.php/1159-c0d0ac68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。