上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今月から夕方4時半に、子ども達の帰宅と市民へ見守りを促す放送が、七つの子のメロディーとともに流れてくる。
これまでずっと、冬場は5時にチャイムがあって、今も変わらずに鳴っているから、なぜ放送を始めたのか不思議でしかたない。
言葉で言われないとわからないと思われているのか、言葉にすれば応じてもらえると思っているのか。
「市民の皆さん、子ども達の見守りをお願いします」
毎日流れてくる文句、何かばかにされている気がしてくる。

振り込め詐欺に注意とか、選挙の投票日だとか、それは放送しなければならないものなんだろうか。
全部が必要とは思えなくて。

行方不明になった高齢者の特徴を知らせて捜索のお願いの放送も、有効ならいいのだけれど。
見つかったとお礼の放送もあるけれど、いつも市内にいて聞ける訳ではないから、気になったりして。

風向きなどで何を言っているかわからない時もあるから、内容は厳選して知らせてほしい。
スポンサーサイト
2014.02.24 Mon l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://withus.blog6.fc2.com/tb.php/1111-8d7d8e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。