上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
なかなか素敵な発想

育児休暇を「育児義務期間」に言葉を換えて日本を変えよう --- 竹内 裕人 アゴラ
http://blog.m.livedoor.jp/ikedanobuo/article/1546266

考えてみたら、育児休暇は会社視点というか、会社は休まず働くものという前提の言葉
略称を「育務」にすれば、育児義務休暇(会社視点)でもいい
本人にとっては休みなんかでなく、務めだ
そこをはっきりさせておくと、育児の大事さ大変さが感じられていいと思う

病気義務休暇もいいね
持病のある人は通院が義務
病気の質によって、義務期間を長く定める
そうすれば難病の人が長く勤められる
障害者の法定雇用よりよほど有用な策になりそう



お客様は神様も同感
芸人や店側がいう言葉であって、客が客は神様なんて、何様なんだ
三波春夫関係者も困惑、真意を述べている↓
「お客様は神様です」について
http://www.minamiharuo.jp/profile/index2.html

私なら、お客様は神様、お店や芸人は仏様といいたい
芸をしたりモノを売ったりするのは、サービスだけど
人に喜んでもらおうとして行動するのは、いわば施し
神よりも仏ではないかな
各々、違いはあるけど上下はない

企業に勤めることだけが働きではないし
店も客も、企業も雇用者も、双方が大事
スポンサーサイト
2013.07.06 Sat l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://withus.blog6.fc2.com/tb.php/1091-ca5ac083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。