上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
行く度にパワーを頂く
というよりも
行く毎に何がしか衝撃を受けるが
今回も、やられた…

こびと君や猫や
光を感じる明るい作品から
被災地の数点に近づいた時
無性にかなしくなった

決して暗いのではなく
希望は感じながら
ただただ かなしいのだ

たくさんのものが失われたからなのか
それでも前を向いて進もうとするからなのか

一本松とともに記念撮影する男女を見かけ
感覚は人それぞれと思いながらも
どうしようもなく心が痛んだ

感想を一言でいうなら、痛い
だが

油絵、モノクロの影絵から何から
会場を目一杯使って、幅広い活動ぶりを現していた
本当に様々な内容があるのだけれど
私の知らない時代もあるのだけれど
見事に、流れゆく時代が感じられた


銀座教文館の展示は6月9日まで
そしてうっかり
明日から、銀座ヤマハホールで別の展示(6月12日まで)
http://jp.yamaha.com/about_yamaha/community/fujishiro/

明日行けば良かったな
また銀座行きかな
スポンサーサイト
2013.05.02 Thu l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://withus.blog6.fc2.com/tb.php/1080-6466003c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。