上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日記で友人の東北鉄道めぐりの様子を見て、私も出かけたくなる
走れる人の二、三日は、私にしたら一週間分くらいになるから
週末フリー切符など出ていても、大した助けになりはしない
ソンだな~
それ措いて

鉄道といえば、JR路線の中に、代行バスではなく
BRT(レールのあったところを専用路線として走るバス)で仮復旧したところもある
鉄道会社からは、鉄道復旧という文言はないらしく、気がかり

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/129118.html
時論公論 「進まぬ鉄道復旧~誰が費用を負担するのか」 | 時論公論 | 解説委員室:NHK

利用者が少ないと、たいていバスへ転換されてしまう
千葉では震災直後、鉄道が止まる中をバスは走っていたし
バスにもメリットはある
ただ、先人たちが作り上げ、維持してきたものを
生活とともにあり、長年変わらず形が残るものを
簡単に無くしていいものか

JR東日本といえば、首都圏の人たちも使っている
新型車を入れたり、広告をつけたりしている
その分を復原の経費にできないか
ローカル鉄道会社がしているように
サポーター制度やレール切り売りなどでの資金集めはできないのか

鉄道を切り捨てるのは、鉄道を維持してきた人たちを切り捨てること
経済性ばかり考え、地域性を全く考えず
働く場の乏しい場所の仕事を奪っていいのだろうか


復元は、影も形もなくなったものを作り直すこと
復原は、元々残っていたものから再生すること

まだ間に合うのだから
復原の日が来ることを願う
スポンサーサイト
2013.04.22 Mon l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://withus.blog6.fc2.com/tb.php/1079-6f997be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。