上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


モーリー@青い森鉄道
愛らしくて、思わずパチリ

新幹線が新青森まで行くようになり、特急も走らなくなった在来線は切り捨てられるようにJRから第三セクターの青い森鉄道へ
ワンマン車両の運転士さんが無人駅の乗降客に対応している
駅のホームは長いが、乗車口を一つに限定して整理券を出す
そんな鉄道を淋しく愛しく、乗りたいと思う
でも、そんな風に乗りたい路線を増やさないでほしい

十和田観光電鉄は淡々と駅を出た
鉄道路線が一つ消えていくところ
とりあえず会えてよかった

雪の少ない青森南部も、吹雪いていた
気候まで厳しさが続いている
青い森鉄道の運転席は保線の人が同乗
遅延なく動いていて助かった

それにしても、近所の私鉄は車内広告が減り
鉄道模型館ももうすぐ閉館
余裕が減っている気がする
房総半島を横切るローカル線もなくてはならないもの
運転できない人の大事な足
だから、踏ん張ってほしい
スポンサーサイト
2012.03.25 Sun l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

麗らかな日に咲いていた花を
色が淡いなぁとよく見ると…
あれっ?在来種ではないか?!

…こんなところで遭えるとは

3/21 千葉県市原市にて撮影
2012.03.25 Sun l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先天性心臓病を3つ併せ持つ乳児の手術が成功のニュースが以前あった
執刀医の記事が新聞に出た

この人 先天性心臓病手術に成功 坂本喜三郎さん
http://www.47news.jp/medical/2012/03/post_20120306160839.php

この先生は立派だと思う、行いに口を挟む気はない
ただ、記事の書き方、取り上げ方が引っ掛かる
世界初だから取り上げたそうだが、
文献がない中治療が行われ成功することは他にもあるのでは?
そのものではない、参考になる文献があったのでは?
そもそも心奇形は一人ひとり異なるから、どこから世界初なの?
(そういった現状を記者がご存知ないとしたら教えなくては)

病院で記者会見があったから新聞社の知るところとなった様子
なぜ発表されたの?
(病院側の主導だろう、意図は?)
実名を出したご両親の胸中はどうなのだろう?

救った側の言葉、それを讃える言葉しか聞こえてこない
その部分ばかり見られて素晴らしいと思われることが怖い
この先、辛苦を負うのは家族と、何よりも本人
重荷を軽くする手段も、わかちあえる人も、まだまだ少ないから

高齢者になったらどうなるんだろう、私
先天性心臓病のじいさんばあさんをめざす会を作りたくなる
2012.03.08 Thu l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は暖かく、季節の移ろいがはっきり感じられる
晴れたので、のんびり出かける途中、近所のお雛様の展示を覗いてみた
空き店舗に、段飾りのお雛様7組
テレビ取材もあったらしい

古いものは明治時代、123年前のもの、風格あり
さすがにそれは3段ほどとこぢんまりして、衣装も褪めていたけれど
緋毛氈や人形の存在感はとても華やか
7段飾りのお道具フルセットをじっくり見たのは初めてかも
家のは立ち雛だし、昔のお雛様もあるけど道具など欠けているから
華やかに飾られたお道具の牛車、茶筅まである茶道具の細やかさに嘆息
表情もそれぞれ違って、切れ長、円らな感じ、色々
何か、見ているだけでほっこりしてくる
今年で5年目、毎年飾っているのだとか

来ていたおばさんが、私のはこれ、なんて言うから、それがおばさんのものかと思ったら、空襲で焼けてしまったお雛様が似ている、と
長年経っても、幾つになっても、お雛様への想いは熱いもの
遥かな歴史が目の前に拡がるようだった

陽射しが心地よく、お茶までご馳走になり、まったり素敵なひとときでした
2012.03.07 Wed l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。