上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
福島の、人が、ものが、敬遠される
茨城の、作物が、魚が、敬遠される
見えないはずの境界を、そんなに際だたせるのは何故?
その境界を築いて、一体何を守ろうというの?

千葉県某所の作物が、ないはずのところで販売された
そうせずにいられない感覚が、あっておかしくはない
ただ、やるなら、何を言われても自己主張すればいい
そうしなければ、だから某所は信頼できない、となる
流れに抗うことは、エネルギーが要り、傷つくものだけど


いいなと思う支援の仕方
めいめいが衣類などをバック詰めにして送る
使う人ひとりを想像して、年代・服のサイズを統一し、日常すぐ使いたいものをまとめて一つのバックに入れ、年代とサイズを見易く書いて、募集団体に送る
これは仕分けも楽だし、ゴミも無駄も少ない
普通サイズでない人も自分の買い置きでバッグを作れば、合う方の元に届けられる
リサイクルやフリマで合うサイズがなかなか見つからない人に、このやり方は貴重
もっと前に知りたかった

役所や団体が募集する支援物資は、最大公約数
細かいニーズは切り落とされる
ああ、必要な人に必要なものを届けられたら!
スポンサーサイト
2011.04.29 Fri l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
気温低めで曇りの、少し陰鬱な朝
ぼんやり車窓を眺めていたら
交互に紅白に染まる並木の樹
みな水平に上向きに、端正に
うち揃って花開くハナミズキ
そうか、そんな時期なんだね
思いがけないプレゼントのよう


ハナミズキの歌が生まれたきっかけと同じように
愚かしい人間がひとを傷つける過ちを犯している

福島に対する差別
恐怖や無知は仕方ないが、目先だけで感情のまま振る舞うことがどんなに毒か

もし野菜が危険なら
農家の人も畑仕事で危険なはず
もし原発近くにいた人から悪影響を受けるとしたなら
放射線治療をした人からも悪影響がでるはず
もし蓄積する放射能に注意が必要なら
子どもの時に放射線治療を受けた人が先に注意喚起されるはず
少し考えれば思いつく

もちろん、今のところ安全というだけで、この先同じかは、わからない
けれど何が怖いのか
何を恐れなければならないのか
きちんと見なければ
見えない毒を周囲に撒く
もしその流れの中にいたならば
勇気をもって断ち切ってほしい
2011.04.22 Fri l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
節電のため止まっている駅のエスカレーター、といっても
全部が止まっているわけではないんだね
今日東京の方まで出かけたら、なぜ?という感じ

常磐線で日暮里で乗換
エスカレーターで上ったが、山手線ホームは全エスカレーター停止(エレベーターはあったが未確認)

帰りは上野乗換にしたら(始発なので座れるから)
山手線から上がるエスカレーターは動き、常磐線のホームから上るのは止まっている
因みに、上階から下るエスカレーターは元々なく、利用者多い駅にしては使い勝手がイマイチ

で、迂回しても楽なルートが選べるといいのになあ、何か情報はないか
バリアフリー情報では有り無しだけだから役に立たないなあ
と思い調べたら、こんな記事を発見
http://www.tbsradio.jp/stand-by/2011/04/post_3375.html
(TBSラジオ 森本毅郎・スタンバイ! 現場にアタック)
キチンと調べてくださるところがあるんですねぇ、ありがたや

しかし…、基準を明らかにできないって…
なんだかなあ、変な人が多すぎるからなのかしら
基準自体はあるんだよね?
もし情報マップ作ったら嫌がられるのかな

下りの方が危ない、確かにそうかも
では足が不自由で下り階段の方が辛い方のための策はないんだろうか
止めるだけでなくて、エレベーターの方向を示すくらいは、せめてしてほしい

それから、ずっと前から不思議なんだけど
センサー付き、人が来ると動きだすエスカレーター
どうして普及しないのかなあ
混雑する場所はともかく、うちの近所の駅ビルみたいに利用者の少ないところもない
やはり何か理由があるのかな('')?
2011.04.16 Sat l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今月の電気使用量 65kWh
昨年の同じ月は 219kWh
ヒーターを使わない季節と使う時期の差とほぼ同じ
電気のヒーターはかなり電力使うからと控えた成果
でも夏の扇風機生活で節電すると、人間的な生活ができなくなる

炊飯器の内釜が汚くなって
十数年使って替えもなさそうで
時計がついていない機種を
電気屋を見る度探している
カタログでも見つからない
なので計画停電を機に土鍋炊きにシフト
でも夏にガス炊きは…

メーカーさん、待機電力要らない炊飯器ください!
昔のを復活させるだけでいいから

テレビをあまり見ないので買い換える気がしない我が家は
エコポイントもつかない
そして
太陽光発電したくてもできないのに
太陽光促進付加金を取られてしまう
1円とはいえ、嗚呼!

節電と意識せずに少ない電力で暮らす高齢者も報われない
そんな世の中┐(´ー`)┌
2011.04.15 Fri l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
花びらが舞い散っても、桜並木はまだ盛り
そして、会社の隣の梨畑も満開に☆

先週末は蕾だった
その時、そばを通って
みんな上向きに開こうとしているのに気づいた
花が似ていて縁も近いのに、桜とは違うんだね

背丈ほどの高さに枝が広がるよう仕立てた樹の上に咲く純白の花
建物の上から見ると、棚に敷いたカーペット
その場を明るく引き立てている

そういえば
いつも満開の桜から感じる妖しさや、胸苦しくなるような思いが
今年はないけれど、なぜだろう?

梨花は変わらず清純
実りの季節が楽しみ☆
2011.04.14 Thu l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top





いい陽気、いい日にち
春の戸定邸へ
毎月10日は、屋敷の庭へ出られるのだ

早春よりもやわらかに華やいでいる
スロープでは柊南天の黄色い花に迎えられ
ミツバツツジ、桜と、建物以前に春色が目に留まる

建物に入り、広間から庭へ
江戸川を臨む方向は、向から陽が射し
鉄橋や建物が輝いている
枯れ草色の整った芝生
踏むのは気が引ける
みな華やかな樹に注目するけれど
陰の地面に淡紫のタチツボスミレも花盛り

庭の奥には大きな樹々
満開のソメイヨシノ
赤みを帯びた楓の新芽
淡緑の落葉樹の芽吹き
折り重なって枝を広げ
写真では表せない共演ぶり
濃黄のヤマブキ
紅白絞りの椿も花いっぱい

建物に目をやれば
それぞれが調和するよう枝を整えられた庭木
ドウダンツツジは枝だけの姿で丸く佇み
アセビは花房をいっぱいつけ
常緑樹も元気に立っている
地面から集団で突っ立つ個性的なトクサの濃緑も板壁に映える

建物の造りも美しい
よく地震に耐えた

建物内に戻り、一通り回る
電灯に頼れない時代だから
陽の光を生かす造りだから
この季節のこの時間が反映される

黄色いいレンギョウ
白いユキヤナギ
中庭も春爛漫

建物を出て、奥へ
見事なしだれ桜を見に

ちょうど盛り、皆に撮影されている(写真1)
一重でほっそりした花びらが上品(写真2)


そして近くの足下には、これまたひっそりとスミレ
こちらは日向好きで細葉の菫色のスミレ

少し先のコブシはそろそろ終わりかけていた
花盛りのミツバツツジがいくつもある中
目立たないところでふつうのツツジも

奥も、見事なソメイヨシノ(写真3)や楓
これから開く八重のしだれ桜(写真4)
梅は新芽を広げ
他の草木たちも、華やぎに満ちている


折々に、色々に、楽しめる場所
また子どもの頃みたいに植物のことを知りたくなった

駅からの道中でも、ハコベの花や
変わったスミレを見つけた
(写真5)
見かけないスミレだなあ
上2枚と下3枚の花びらの色が違い、華やか
実家に行ったらスミレの本を探してこよう

2011.04.11 Mon l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
金曜日は、職場の飲み会だった
震災で延期になってかえってよかった
会社から店までのバス通りは
ちょうど並木の桜がよい見頃
まだ花びらは散らず、静かに佇んでいる風情
吹く風の強さには閉口したが、陽気も暖か☆

帰りは戻ってバス停へ行こうかと思ったが
駅も近いと聞き、歩くことに
夜桜を眺めつつ、ぶらぶらと
初めての駅、着いたら駅前に大きな桜の樹
ここがゴールかぁ、ラッキーと思ったら…
高架の鉄道のホームへは、階段のみだった凹
この辺りで今時こんな素っ気ない駅は珍しい
まあ、道中楽しんだからよしとしよう

飲み会の方は、人数もパワーも控え目ではあった
が、一気飲みを店の大将(?)に止められたから
やはり並以上のパワーであることに間違いなし!(頭痛い…)



節電後も明るい町、大抵のものは揃っていて
外は一見変わりない
家に戻ると、震災報道満載の新聞
ラジオからはもれなく原発や被災地のニュース
そのギャップの大きさに気持ちがついていかないようで
最近は家にいると自然と涙が溢れたりする

多分、幸せすぎる不幸なんだ
停電があれば準備や何か、行動が必要になるし
普段より負担が大きければ、そちらに注意が向く
どちらもなく、いつもの時間に電車が来て、通勤できて
ヨーグルトが手に入らないことくらいしか不満はなくて
自分の動きで人の力になったという実感が持てないから
申し訳ないみたいな…

誰のせいでもないのだし
地震と一緒で
収まるのを待つしかないのだろう

涙を拭いて歩かなくては、と誰かが言ったけれど
それが正解の人ばかりではないはず
涙したいと感じる気持ちは止められない
だからしばらくは流れに任せておこう
2011.04.10 Sun l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top


日中暖か、春爛漫
桜も三分咲き

紫のミツバアケビも咲いている


でも、これは気が早いよピンクのツツジ君
蕾も控えていて、咲く気満々だ


追伸
桜の様子は他でわかるでしょうから
そちらでご覧くださいませ~

2011.04.04 Mon l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
赤十字社の震災募金の行方が気にかかる
「公平」に分配するために、被災者の元に行くまで時間がかかるとか
何もかもを失った人、親しい人からの援助を得られない人には仮払いできないのかな

そして、同じ金額を配ることが「公平」といえるのか
最低必要なものにどのくらい足りないかを勘案して、足りない人に多く渡す方が「公平」ではないか
同じ量(金額)配るのが量的公平としたら
水準を合わせることを目指すのが質的公平
それぞれの事情を勘案するなど、とても手間がかかるし、公平性を確かめることも難しい
けれど、確定するまで時間がかかるのなら、今お金がなくて困っていて、先の見通しを立てられない人へ渡す方が生き金になるではないか

物の支援も、必要なものが必要な人のところに行くように
例えば衣類など引換券を作って、着替えのない人は3枚、ある人には1枚というように配っておいて
支援物資をトラック行商して、欲しいものと引換えというのはできないものか
新品がいい人新しくなくてもいい人、いろいろだし、特別サイズの人も探せるように
身体の障害のために特別なものが不可欠ならその人に合うものを作ってあげる
難しいことは承知だけど
知恵と総力を結集してできないか
2011.04.03 Sun l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日、柏のデパートに行ったら、なかなかの混雑ぶり
みな出かける気分になっていて、近場に出てきたのかしら

その中で、遅れて歩く連れを待とうと立ち止まっていたら
前からおじさんが避けるそぶりもなく真っ直ぐ進んできた
ぶつかりたくないし、仕方なくよける
どう考えてもおかしいんだけど、これって!

混雑した場所は誰もが動きづらい
だから気配りが必要なのに
こんな時だからなおさら
でもこんなふうに、よけない人がいるとなれば
ここで災害に遭いたくない、もう出かけたくない

怒ると体を動かしたくなる
それが私の発散方法
疲れてはいたけれど、帰りの駅で目の前の階段を上った
手すりのそばをゆっくりと
前から降りてきた人を見ると
手すりにすがるわけでなく
携帯片手のおにいさん
これまたどかない!
一刻も早く家で休みたいから避けて進んだ
まったく!!!

周りに体や動きの不自由な人がいる
ちょっとしたことで困っている人がいる
ほんの僅かの行動で人を困らせも助けもできる
そんな想像力がまったく働かない人が
相当な数増殖しているらしい
そんな人を減らすには、どうしたらいいんだろう?
2011.04.03 Sun l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。