上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
上着なしでもいいくらいだった土曜日、陽気に誘われてのんびりお出かけ。

前から行ってみたかった、松戸の戸定邸という屋敷&庭園へ。
駅歩10分、近いと思いきや、交差点を折れてもう間近というところから上り坂。しかも近づくほど急になる。

そして門前には石段が…
20091101004606

いやスロープがあるときいてたぞ、とみると、確かにあった。遠回りだあ。はあ。
でも取って付けたものではなくて、脇に柊南天や葉蘭が生えていて、風情のある路のりにちょっと先が楽しみになる。

落葉した樹も深い緑の樹も、いい歳を重ねている風情、育ちのよさ、手入れのよさが偲ばれる。そういう樹のそばにいると、気持ちが和らぐ。

邸宅では、満開の紅梅が入口脇でお出迎え。明治の建物はゆったり構えている。
騒々しいおばさまグループに閉口しながら中に入る。

すぐの部屋、午後の陽射しを心地よく感じながらふと欄間のところを見たら、何?これはコウモリ!
20091101004609

奥では広い二間、ふすまが外されていて、広々。南は冬枯れの庭、西には江戸川も見える。
運がいいと富士山も見えるとか。こんな素敵な風景を目にして暮らしていたら、心が広くなりそう。
こんなところでのんびり刺繍などしながら過ごしたいなあ。

書斎、離れ、湯殿や洗面台、どれもこれもしっかりした作り。今ではきっと作れないもの。

ここは徳川昭武(15代将軍慶喜の弟)の屋敷。ふすまの引き手、客間の欄間や灯りは葵の模様。さすが。
コウモリは気になった。他の部屋に雀や蝶も飛んでいたけれど、どれも透かし模様で、抜き型みたいなコウモリは異質だった。

いつの間にやら騒々しい一団はいなくなり、ゆっくりじっくり堪能した。
20091101004611
スポンサーサイト
2009.02.16 Mon l ■悠の日々 l コメント (0) l top
20091101005303


枝振りが見事なしだれ桜はまだ冬眠中。
檜皮葺きの屋根に使えそうな樹皮の樹、
風にそよいで心地よい葉音を奏でる竹。
敷地奥には梅の樹がたくさん。満開。満喫。

坂の上は別世界だった。
市の中心街のすぐそばなのが信じられないくらい、ゆったりした時間が流れる。
休憩所で本を読む人がいて、近ければ私も、と羨ましかった。

それにしても。スロープはあってもバリアフル。屋敷は仕方ないけれど、それ以前の起伏は行かないとわからない。
自走車椅子も厳しい坂道。体悪い人は車で行くものと思ってない?
健脚だから歩きたいのよ~。歩くわよ。
でも、事前に知っていたら行かなかったかも。
いい景色を見られてラッキー?
2009.02.16 Mon l ■悠の日々 l コメント (0) l top
20091101171936
我が家にきたおひな様。母がくれた。

おひな様は実家にあるから、うちでは折り紙雛作ったり今まで適当にやっていたので、嬉しい。

いろんなことが億劫になっていて、目の前にないと、切羽詰まらないと、まあいいや~になっている今日この頃。
節分は豆も買わず、きな粉食べたからいいや~とかいってf^_^;
もともと豆まきはせず、福も鬼も、来るもの拒まず去るもの追わずで育ったけれど。
あんまり簡素化しすぎないように気をつけようっと。

陽射しがあれば、光の春。
風が吹けば、冬と春の境。
冷えた時にはまだまだ冬。
微妙に揺れる今の時季、身体の調子も微妙に揺れる。
揺れればよいさ~、崩れなければ。
福と春は待ち遠しく想う時がいい。
2009.02.10 Tue l ■悠の日々 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。