上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今朝の地震、福島で震度5にはちょっとひやっとしました。
まだ地下で震災の続きがセットされていたのでしょうか。
自然のスケールの大きさを忘れるな、と言われたような気がします。

気候の変化も激しいこの頃。明後日は雪になるかも、との予報。
今日は二十四節気の小雪ではありますが、早すぎではないですか。
穏やかに、お手柔らかに願います、天の神様。

地の神様への願い事は、する気にはなれなくて。
人間のしていることを考えたら、なんだか虫がよすぎる気がして。
さて、どうしたらいいのでしょう?

スポンサーサイト
2016.11.22 Tue l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
スーパームーンと言われる今夜
雨音がしていたので、見えたのかどうか
でも、影響を与えるのは月光ではないから
見ても見なくても、見えても見えなくても
大丈夫だね、きっと

そこにあることが大事
そこにあることが力になる
姿を変えるから、折々に心に留まる
時々、空をふと見たとき
姿があると
ああ、会えた、と嬉しくなったり
優しい光に安らぎを覚える

もしかしたら、それは
大切な人、大事なものも同じかも
私の意識という陽光が当たるから
その相手方が静かに輝くのだから
いつもそこにあると、感謝を忘れ
目に留まらなくなったりもするけれど
何かの時、ああ、と感じる嬉しさがあるから

私の今いる場が
穏やかで安らげるところであることに、感謝
2016.11.14 Mon l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
久しぶりにスーパーへ。
中の八百屋さんのお兄さんが声を張り上げていました。
お、かなり割引しているよう。
鮮やかな黄色が目について
パックに入った菊の花をお買い上げ。
100円なんて、きっと手がかかっているでしょうに。

鮮やかな色彩に心踊らせ、
花びらを外す時に漂う香りを楽しみ、
湯がいて口にした時の甘味と歯触りに満たされます。
らっきょうが漬かっている甘酢を拝借して、
手抜き酢の物の完成。
なんだか、すごい贅沢している気分。

一緒に、柿やキノコも買いました。
秋には秋の食べ物を。
2016.11.12 Sat l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

浮腫むって、不思議だなあ。

昨日の外出で、かなり疲れた気はしていたけれど、
久々に、人に見せたくない顔になっていました。
疲れ感の大きさとは必ずしも一致していなくて、
なかなかスリリングなものです。

一体どこからくるんだろうな、膨らみの中身は。
膨らみが不足しているところに集結しないかな。
などと思いつつ、しばし表情がない顔で過ごす、
そんなスタートの本日でした。
2016.11.04 Fri l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

チーバくんを捕獲した。
といっても、風景印の話。
昨日から使用開始になったので、初日印を入手。
集め出すときりがないから、深追いしないようにしているけれど、
今回は、つい。

チーバくんと、菜の花と、建物と。
バランスよく組み合わせてある柄がいい。
チーバくんが世に出てずいぶん経つけど、
まさか何年か越しでやっと許可されたのではあるまいな。
微妙に旬が過ぎている気がするもので。
2016.11.02 Wed l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
たまに出かける古民家喫茶。
ここは抹茶メニューが豊富。
抹茶グァバ、抹茶マンゴーなどあり、
抹茶グレープフルーツを頼みました。
運ばれて、甘味が必要なら言ってください、と。
これに甘味を入れるのは違う、と思いましたが、
再度声かけられました。
なになぜ?という感じ。
あまり頼む人がいないそうで。
ああ、確かに。苦味×苦味になりますものね。
店主さんがグレープフルーツ好きで作ったようです。
私も好きで、ジュースもなかなかないので、
ついつい気になったのです。

久々のグレープフルーツテイスト。
正直、どちらも単品の方がいい。
でも、なるほど、な味わいです。
2016.11.01 Tue l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

船橋の大通りに昔からある喫茶店に、来月閉店の貼り紙。
私はスタバ系のカフェよりも、昭和の喫茶店好きだから、
昭和の灯りが消えていくのは、とても残念。
喫茶店のスパゲッティなんて、もう食べられないかしら。

チェーン店があふれ、高いビルやマンションがそびえて、
どの駅前も、どこへ出かけても、同じように見えしまう。
その中でも、がんばっているのは時計店やタバコ屋さん。
荒物屋さんも。
アルミ鍋や漬物容器が各サイズ、買い物籠、ほうきなど
昔からの日用雑貨がところ狭しとつまっている。
買い物カートが店先にぶら下がっている光景に、
知り合いのおばあさんが今日も無事だ、みたいな安心感。

刺しゅう展を見に行ったギャラリーは、国道のそば。
ほんの一皮なのに車の気配のない、昔ながらの風情。
夕暮れ後の時間、広いガラスいっぱい灯りが見えてきて、
部屋に招かれているように感じられた。
そばには寺が並んでいたり、風呂屋があったり。
家に帰り、もうすぐ夕食、のイメージが浮かぶ。
穏やかな時間が流れる場所がうれしい。
2016.10.31 Mon l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
12年前の年賀はがきをみたら、
鳴く鶏の絵の下の消印みたいなところは
目覚まし時計が鳴っている図。
針は7時、そんなに早起きではないですね。
…って、こんなに凝った図柄だったとは
忘れていました。

古いはがきを整理しました。
昔のことを思い出しただけでなく、
以前の職場の上司や
今は亡き主治医、先輩方の文章に、
私はこんなに大事に思われていたのだと
胸が熱くなりました。
届いた時も読んでいたはずなのに、
その時は余裕がなかったようで、
しっかり受け取れていなかったなと
後悔も、ちょっぴり。
何ということなく、日々が過ぎていたようだけれど、
その時その時で、たくさんのことをしていたのだと
今更ながら気づきました。

手書きのお便りって、じっくり読み返せていいですね。
筆跡とともに、様々な事柄が甦ります。

そろそろ年賀状を考える時期。
大変だけど、楽しみ☆
2016.10.29 Sat l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上野の銀座線のホームドア



かわいい☆
たまに行く地だけど、地下に潜らないので
知らなかったよ

その後、日本橋のデパートでも遭遇
土鍋のつまみや エッグスタンド
こちらの品
http://makoubou.jimdo.com
ま工房 牧田亮

他の動物も、愛らしい感じでした
2016.10.27 Thu l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
書店で買った本にかける、紙のカバー
そのデザインを集めた本を、何気なく立ち読み

丸善の日本地図が年代により少しずつ違ったり
今は見ない意匠がいろいろあり懐かしかったり
最近閉店した大型店が
地元限定の書店だったと知り驚いたり
しているうちに、発見

こぎん模様のカバー
それも
私の大先生(先生の先生)のデザインという
なんという縁
訪ねてみたくなったことは、いうまでもない
しかし、調べると今年六月に閉店と…
ブックカフェも併設された店らしいのだが

ビニールに包まれて通販で届く本では
温もりも文化も感じられない
関わる人は忙しく一瞬交わるだけ
それではあまりにもさびしいから
本は、本屋で買う
本を、本屋で買う
文庫が多いけど
2016.10.25 Tue l ■悠の日々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。